ウィキッド(劇団四季ミュージカル)を120%楽しもう!ウィキッド あらすじ > ウィキッドあらすじ Part1

ウィキッドあらすじ Part1

ミュージカル「ウィキッド」は、童話「オズの魔法使い」シリーズ(ラマン・フランク・ボーム作)に想を得て執筆された「オズの魔女記」(グレゴリー・マグワイア作)を原作としています。

「ウィキッド」の物語の舞台は、「オズの魔法使い」の国。
ドロシーが「オズの国」に迷い込むずっと前に起こった、二人の魔女の出会いの物語が「ウィキッド」です。
一人は緑の肌を持つ賢く信念の強い女性、もう一人は美しく、野心家で人気者。この二人が「西の悪い魔女」と「善い魔女グリンダ」になるまでの数奇な運命をドラマティックに描いています。

オズの国にあるシズ大学に、緑色の肌をしたエルファバという少女が、足の悪い妹ネッサローズと共に入学してきます。
彼女たちは、マンチキン国の総督の娘ですが、父は妹ネッサローズばかりをかわいがり、姉のエルファバを疎ましく思っています。

一方、美しく同級生からも人気者のグリンダもシズ大学に入学し、ひょんなことからエルファバと宿舎が同室に。
でも、まったく性格の違う二人は衝突してばかりで、お互いに嫌悪感を抱いています。

シズ大学の学長マダム・モリブルは、エルファバの魔法の才能を認め、魔法の個人レッスンを受けさせ、やがてはオズの魔法使いに合わせると約束します。

ある日、ウィンキー国の王子フィエロがシズ大学に転校生として入ってきます。
フィエロは少し軽薄だけど、ハンサムでやさしい男性。グリンダは、フィエロが気に入り、彼をデートに誘います。

ダンスホールに集まることになった学生たち。グリンダは、祖母からもらったセンスの悪い黒いとんがり帽子をエルファバにプレゼントし、それをかぶってやってきたエルファバはみんなの笑いものに。

けれども、エルファバは笑いものにされてもひとりで踊り続けます。
それを見て心が痛んだグリンダは、エルファバと一緒に踊り始めます。
ふたりは、急速に心を通わせ合うようになり、二人だけの秘密を打ち明けあうような仲になるのです。


当サイトについてと免責事項

  • ウィキッド(劇団四季ミュージカル)を120%楽しもう!は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007-2016 copyright(c) ウィキッド(劇団四季ミュージカル)を120%楽しもう! All Rights Reserved.