ウィキッド(劇団四季ミュージカル)を120%楽しもう!オズの魔法使いについて > 「オズの魔法使い」ストーリー

「オズの魔法使い」ストーリー

「ウィキッド」を楽しむために、「オズの魔法使い」は必ずしも知っている必要はないけれど、事前にストーリーを知っておくと、より「ウィキッド」が楽しめますよ。

「オズの魔法使い」は、アメリカ人にはなじみのあるお話で、1939年に映画も公開されています。

オズの魔法使い

この1939年版の「オズの魔法使い」は版権が切れているため、現在では安くDVDが販売されています。
私は、このDVDを購入して「オズの魔法使い」のストーリーを復習しました。

オズの魔法使い

「オズの魔法使い」 ストーリー

カンザスの田舎に住む少女ドロシーは、竜巻に巻き込まれ、オズの国にとばされてしまいます。

故郷カンザスに帰りたいドロシーは、脳みそがないことでばかにされているかかし(知恵)、ブリキでできているため心臓(ハート・愛)がない木こり、臆病で勇気(力)がほしいライオンとともに、願いを叶えてくれる魔法使いが住むというエメラルドの都まで旅をします。

途中様々な困難に出会うも、それぞれの力をあわせてひとつひとつ乗り越えていきます。

魔法使いが出した課題、西の悪い魔女を倒してふたたびエメラルドの都へ戻り、魔法使いと対面しますが・・魔法使いはインチキでした。

がっかりする主人公のドロシーと3人の仲間でしたが、魔法使いは彼らにこう言ったのです。

もうおまえたちは知恵も愛も勇気も持っているじゃないかと。

旅の途中で、かかしは知恵を絞って仲間を助けました。

ブリキ男は、優しさで仲間を救いました。

そしてライオンは、仲間を助けるために勇気を出して敵に突進しました。

彼らが魔法で手に入れようとしたものは、自分たちが歩いてきた道(黄色いレンガ道)で既に手に入れていたのです。

そして、ドロシーは、手に入れた魔法の靴を使い、故郷カンザスへ帰るのでした。


「ウィキッド」では、「オズの魔法使い」に出てくる登場人物のほとんどが出てきます。
(ただし、ドロシーだけは、影絵で登場します)
なぜ、きこりが心を失ったのか、かかしに脳みそがないのか、ライオンが臆病になったのか。
それらの理由も、「ウィキッド」では明かされますので、お楽しみに!


当サイトについてと免責事項

  • ウィキッド(劇団四季ミュージカル)を120%楽しもう!は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007-2016 copyright(c) ウィキッド(劇団四季ミュージカル)を120%楽しもう! All Rights Reserved.